ブランドリフトとは?重要性と調査方法を徹底解説!

3月 30, 2021 | marketing

 

デジタルマーケティングが盛んになってきた現代、インターネット上に広告を掲載し、
自社をブランディングしたり、認知度を向上させたりしようとする企業が増えてきました。
一方で、ブランディング広告は数値として可視化しにくい目的で配信されることが多いため、打ち出した広告の効果が測定しづらいという点がありました。
そこで近年注目を集めているのが「ブランドリフト調査」です。
本記事では、広告の効果測定の指標である「ブランドリフト」について、重要性や調査方法について詳しく解説します。
ぜひ最後までご覧ください。

 

ブランドリフトとは?

ブランドリフトとは、ブランディングを目的とした広告に接触したユーザーと接触していないユーザーを比較し、
接触したユーザーのブランドの認知や購買意欲がどの程度高まっているのかを測る指標を指します。

ブランドリフト調査を行うことで、これまで測ることのできなかった
「好意度」「認知度」「購買意欲」「比較検討」などの効果を測定することが可能です。

これらの効果を測定するために、二つの新しいアンケート調査手法である「インバナーサーベイ」と「リードバナーアンケート」が誕生しました。
それぞれの特徴について解説します。

 

インバナーサーベイ

「インバナーサーベイ」とは、広告に接触したユーザーと接触していないユーザーのブランド態度をリアルタイムに比較し、
その差を計測するディスプレイ広告の計測手法です。ディスプレイ広告枠において、数問のアンケートが実施されます。
短時間で回答できるというメリットがある一方で、誤クリックを問題視する声も少なくありません。

 

リードバナーアンケート

「リードバナーアンケート」は、アンケートを配信するまでは「インバナーサーベイ」と同様です。
大きな違いは、「インバナーサーベイ」ではアンケート回答をバナー内で行うのに対し、
「リードバナーアンケート」ではアンケート専用の回答ページにて回答をするという点です。
そのため、回答精度が高いと言われています。

 

ブランドリフトの重要性

ブランディング広告は効果の見えにくい広告の一つです。
一方で、ブランディング広告は企業のイメージを良い方向に変えたり、認知度を向上させたりする施策として重要な役割を担っています。
そこで大切になってくるのが「ブランドリフト」です。

例えば、動画広告を配信するうえで「再生回数」は大切な指標の一つです。
一方で、「再生回数」の多さだけでは、広告としての効果を正しく測ることはできません。

再生回数が伸びていたとしても、広告を通して伝えたい自社のブランドイメージとは異なる印象をユーザーが抱いてしまっていては意味がないのです。
ネガティブなイメージが広がると、逆効果になる可能性さえあります。

こうした事態を引き起こさないために、広告を見たユーザーがどのように感じたのかを明らかにするのが「ブランドリフト調査」の主な目的です。

ブランドリフト調査を行うことで、広告の効果を可視化させ、自社でPDCAを回すことができるようになります。

 

ブランドリフト調査の方法

ここからはブランドリフトの具体的な調査方法について2つご紹介します。

 

広告配信プラットフォームを利用する

広告配信プラットフォームとは簡単に言うと、FacebookやGoogle・LINEなどが提供しているサービスで、
「ブランドリフト調査」を行うことができるオプションのことです。

例えば、LINEはブランドリフトを計測する手法として「ブランドリフトサーベイ」という機能を提供しています。
ここでは、広告への接触の有無でユーザーを分類し、一人ひとりのユーザーに対してブランドリフト調査が実施されています。

「ブランドリフトサーベイ」では、「広告認知度」「ブランド認知度」「利用経験」「好意度」「利用意向」などの項目を設定し、調査を行うことが可能です。

他にも下記の広告プラットフォームを利用することで、ブランドリフト調査を行うことができます。自社に合った広告プラットフォームを選んでいきましょう。

Google
Facebook
Ameba
Yahoo! JAPAN

 

調査会社に依頼する

「より正確なデータがほしい」という場合には、調査会社に依頼するのも良いでしょう。
専門家がいる調査会社に依頼をすることで、質の高いコンサルティングを受けることが可能です。
精度の高い分析に加え、レポート作成なども行ってくれるため、工数削減にも繋がります。
ただし、それなりにコストがかかるため注意も必要です。自社の予算に合わせて検討しましょう。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。本記事では、ブランドリフトの特徴に加え、重要性や調査方法について解説しました。

様々な広告プラットフォームが誕生した現代において、企業がブランディングを行ったり、認知度を向上させたりするうえで、
「ブランドリフト」は非常に重要な役割を担っています。

ブランディング効果を測定する方法は多岐に渡ります。自社の予算や目的に合わせて慎重に検討していきましょう。

CONTACT

お見積もり・お問い合わせ

弊社にご関心をお持ちいただきまして、
ありがとうございます。

弊社サービスのお見積り、お問い合わせは、
下記リンクよりご連絡下さいませ。