YouTubeを活用した動画広告について①【YouTube広告の種類】

6月 8, 2021 | YouTube

 

YouTubeでは、動画広告のTrueviewインストリームやバンパー広告を活用することにより、
収益化につなげることができます。ここでは、YouTubeを活用した動画広告のTrueviewインストリームや、
スキップ不可のパンパ―広告について解説しています。
目的毎の適正を見定め、正しく活用するようにしてください。

 

 

Trueviewインストリームの特徴とは?

 

YouTubeを活用した動画広告は、Trueviewインストリームが最も利用されていて主流となっています。
Trueviewインストリームとは、YouTube動画が始まる前や、動画の途中、そして、動画の最後に表示される動画広告です。

30秒~数分ほどの動画が流れることが多いですが、このタイプは5秒経過すれば、視聴者は広告をスキップすることができます。

一方で、スキップ不可の6秒以内の動画広告(バンパー広告)と、
15秒の動画広告(スキップ不可のインストリーム広告)も存在します。
スキップ不可の動画広告ならば、視聴者は動画広告を視聴することになるため、かなりの宣伝効果が期待できるでしょう。

そのために、知ってもらいたい商品を認知してもらいたい場合、ブランディングにとても効果的と言えるのが
Trueviewインストリーム、バンパー広告です。

YouTube動画を見ていてたまたま広告を目にして存在を知ったという視聴者も少なくないため、
商品やサービスを認知してもらうのにかなり最適です。
YouTubeやその他のサイトで常に表示させるタイプのディスプレイ広告と比較すると、
Trueviewインストリーム、バンパー広告は費用が安いのもメリットです。
そのため、低コストでインプレッションを増やしていくことも期待できるのです。

うまくTrueviewインストリーム、バンパー広告を活用することで、良い宣伝効果となるでしょう。

 

 

Trueviewインストリーム・バンパー広告のデメリットとは?

 

非常に利便性の高いTrueviewインストリーム、バンパー広告ですが、少なからずデメリットも存在します。
それは、以下の点となります。

・視聴者のストレスになる
・購買につながりにくい
・離脱率が高まる

このようなデメリットがあり、あまり活用しすぎると反対に逆効果となる可能性もあるのです。
そのこともあって、Trueviewインストリーム、バンパー広告はうまく使い分ける必要があります。

 

スキップ不可の広告の場合動画を見ている視聴者はスキップすることができないため、かなりストレスを感じてしまうことが多いのです。
また、短いスパンで数多く広告が挟まれると、視聴者はそれが気になってしまい、
動画に集中するのが難しくなってしまいます。
そのことで離脱率が高まり、結果的に動画の質、視聴者の満足度が低くなってしまうことが考えられます。

 

これらを考慮し、Trueviewインストリーム、バンパー広告を目的毎にうまく活用できるようにしてください。
そうすることで、YouTubeで動画広告を有効活用でき、ビジネスに活かすことが可能です。

 

 

YouTube広告の種類

 

大きく分けて3種類の動画広告種類があります。

 

・Trueviewインストリーム:スキップ可能

動画は3分以内で作成することが推奨されています。
再生がはじまり、5秒経過するとスキップができるようになります。

<キャンペーン目標>
販売促進
見込み顧客の獲得
ウェブサイトのトラフィック
ブランド認知度とリーチ
商品やブランドの比較検討

 

・Trueviewインストリーム:スキップ不可

15秒を超えるものは許可されていません。

<キャンペーン目標>
ブランド認知度とリーチ

 

・バンパー:スキップ不可

動画の長さは6秒以下となっています。

<キャンペーン目標>
ブランド認知度とリーチ

 

 

まとめ

 

ここまでYouTubeのTrueviewインストリーム、バンパー広告の特徴、目的毎の活用について解説してきました。
広告出稿を目的とした動画制作の場合、制作をはじめる前にどのタイプの広告が目的にあっているか確認しましょう。

 

 

お問い合わせ

CONTACT

お見積もり・お問い合わせ

弊社にご関心をお持ちいただきまして、
ありがとうございます。

弊社サービスのお見積り、お問い合わせは、
下記リンクよりご連絡下さいませ。