【YouTube広告】動画アクションキャンペーンとは

7月 27, 2021 | YouTube


よく読まれているその他のYouTube記事もどうぞ!
◆YouTubeを活用した動画広告について①【YouTube広告の種類】:https://arms-inc.online/youtube/youtube-ad-types/
◆YouTubeを活用した動画広告について②【5Gに伴う変化】:https://arms-inc.online/youtube/utilize-youtubeads2-changes5g/

 

 

 

YouTubeを活用する方々が昔に比べて非常に増えていることから、その分だけ競争が激化しているのもれっきとした事実です。
しかし、便利なキャンペーンも増えているのです。

ここでは、YouTube広告の動画アクションキャンペーンやTrueView for Actionとの違いについて解説していきます。
YouTubeを活用しビジネスをしている場合や、これからより大きな収益を出したという場合には、ぜひ、参考にしてみてください。

 

 

 

YouTube広告の動画アクションキャンペーンとは?

 

YouTube広告の「動画アクションキャンペーン」とは、2020年11月に追加され、
ユーザーに行動の促進をさせるのを目的にした、動画広告を設定することができる機能です。
広告のメニューの1つとして、非常に期待されているのが動画アクションキャンペーンとなります。
動画アクションキャンペーンはVideo Action Campaign(VAC)とも言われ、TrueView アクションの機能をベースにしています。

動画アクションキャンペーンの特徴として、1つのキャンペーンでYouTubeあるいは、YouTube以外の
さまざまなプラットフォームに自動的に広告を掲載することができる点です。

動画アクションキャンペーンは、商品の購入であったり、問い合わせであったりと、
ユーザーの行動、購入促進を目的にしたキャンペーンで利便性が高いことから、とても注目されているのです。
YouTubeを活用している企業、これから売上アップを目指したい企業ならば、動画アクションキャンペーンを知っておいて損はないでしょう。

 

 

TrueView for Actionとの違いは?

 

動画アクションキャンペーンとTrueView for Actionの違いは、主に下記となります。


1.配信面が追加された

動画アクションキャンペーンでは、TrueView アクションでは配信されなかったYouTube Home Feedにも配信がされるのです。
そのために、YouTube Home Feedを含めYouTubeの広告枠を使ってYouTubeの利用ユーザーにより広告をリーチさせられるので、
配信効果の向上が期待できます。配信面が追加されたことが、動画アクションとTrueView for Actionの1つ目の違いとなります。


2.広告フォーマットが変更された

動画アクションキャンペーンだと、スキップ可能なインストリーム広告、そして、True Viewディスカバリー広告の
2つのフォーマットを利用できることから、 True View アクションキャンペーンとは違って、長い広告見出し及び説明文を設定できます。
これが、動画アクションキャンペーンとTrueView for Actionの2つ目の違いとなります。


3.オーディエンスの活用法

オーディエンス設定では、 リマーケティングまたは、カスタムオーディエンスなど、
TrueView for Actionと同様のオーディエンスをそのまま動画アクションキャンペーンでも活用することが可能です。
TrueView for ActionだとYouTubeインストリーム広告枠のみ広告が表示されるのですが、
動画アクションキャンペーンでは、複数の広告枠の中で一番効果の高い枠に広告が自動的に表示されるために、より成果が現れやすいのです。
オーディエンスの活用法の違いが、動画アクションキャンペーンとTrueView for Actionの3つ目の違いとなります。

 

 

動画アクションキャンペーンのメリット

 

動画アクションキャンペーンのメリットは、以下になります。


・コンバージョン促進

動画アクションキャンペーンでは、YouTube または、YouTube 以外のさまざまな場所にキャンペーンを展開させ、
コンバージョン単価を最小限に抑えながら、コンバージョンの獲得数を増やすことが可能なのが大きなメリットです。


・キャンペーンの掲載結果向上

動画アクションキャンペーンでは、YouTube Home Feed やYouTube動画再生ページ、
Google動画パートナーといった広告枠を組み合わせれば、
新規顧客にリーチし、キャンペーンの掲載結果を向上されられるのがメリットです。


・容易にキャンペーンの拡大が可能

動画アクションキャンペーンならば、1つのキャンペーンでも複数の場所に広告を掲載することが可能なことから、
YouTubeやその他のいろいろな場所に容易にキャンペーンを拡大させられるのです。
利便性、コストパフォーマンスに優れていることもあって、動画アクションキャンペーンを有効活用することで、
かなりのメリットを実感することができるでしょう。

 

 

動画アクションキャンペーンの活用が最適なのは?

 

動画アクションキャンペーンの活用が最適なのは、動画を有効活用して、
自社のサービスや商品のコンバージョンを促進させたい企業、キャンペーンの規模を拡大させたい方です。

とても便利な動画アクションキャンペーンは、YouTubeやその他の場所で利益を上げたい場合に最適となります。
動画アクションキャンペーンの特徴をしっかりと理解し、ビジネスで活かせるようにしましょう。
そうすることで、高い効果が期待できますし、かなり役立つことになるのです。

 

 

まとめ

 

ここまで、動画アクションキャンペーンの特徴やメリット、TrueView for Actionとの違いについて解説してきました。
動画アクションキャンペーンはTrueView for Actionと比較すると非常に利便性に優れ、
YouTubeやその他のプラットフォームで収益を上げる際に最適です。
そのため、動画アクションキャンペーンを上手に活用し、ぜひ、成果を出せるようにしてください。


 

その他YouTubeに関する記事はこちら!
https://arms-inc.online/category/youtube/

 

お問い合わせ

CONTACT

お見積もり・お問い合わせ

弊社にご関心をお持ちいただきまして、
ありがとうございます。

弊社サービスのお見積り、お問い合わせは、
下記リンクよりご連絡下さいませ。